/

政府、戦略特区に6カ所 首相「新たに指定も」

政府は28日、首相官邸で開いた国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、東京・神奈川・千葉県成田市の「東京圏」や大阪府・京都府・兵庫県の「関西圏」、沖縄県など計6カ所を特区に指定する方針を決めた。首相は同会議で「岩盤規制を突破するためのドリルを実際に動かせる体制が整った」と強調。「大胆な規制改革の提案があれば、新たな地域の指定に備える」とも語り、地域の拡大を検討する考えを表明した。

首相は都道府県や都市圏で規制緩和を進める「広域特区」に指定した東京圏、関西圏について「世界から人材、資本、技術が集まる国際ビジネスやイノベーションの拠点として都市再生、医療、雇用、教育などの分野で総合的な規制改革を実現していく」と力説した。

テーマを絞った複数の自治体の「革新的事業連携特区(バーチャル特区)」に選んだ雇用の福岡市、農業の新潟市、兵庫県養父市に関しては「岩盤規制分野の改革拠点として農地流動化やベンチャー、創業支援を強力に推し進める突破口となる」と訴えた。

安倍政権は国家戦略特区を医療や農業など「岩盤規制」の突破口と位置付けており、地域の産業をより強化して日本経済のけん引役に育てる狙いで新設した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン