/

この記事は会員限定です

九州に高精度レーダー 無人偵察機は導入前倒し

日米両政府

[有料会員限定]

日米両政府は弾道ミサイルを高い精度で探知する米軍の移動式早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」(AN/TPY2)を追加配備する調整に入った。すでに配備している青森県に加え、九州の航空自衛隊基地を軸に検討する。北朝鮮が昨年12月に日本から監視しにくい朝鮮半島の北西部から事実上の長距離弾道ミサイルを発射したのを受け、2基体制に強化する。米側は日本側に早ければ2013年春の配備を求めている。

同レーダーは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン