「金庫破り」で盗難 ビットコイン、資金管理ずさん

2014/3/1付
保存
共有
印刷
その他

仮想通貨の取引所を運営するMTGOXが28日に民事再生手続きを申請した。「未来の通貨」の中心となる取引所だが、ハッキング被害にあったうえ、顧客から預かった現金をきちんと管理せず、客の預かり金28億円も宙に浮いていた。

「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」。MTGOXのカルプレス社長が謝罪(28日)

「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」。MTGOXのカルプレス社長が謝罪(28日)

MTGOXが運営する仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」では、利用者は仮想通貨をやりとりするため、自身の口座にお金やビットコインを預ける。マウントゴックスのビットコインは、ハッカーから「金庫破り」に遭って盗まれていた。

だが、マウントゴックスは客から預かった現金そのものもきちんと管理してこなかった。同社によると2月24日、利用者の現金預かり金と、預金残高が食い違い「預金残高が最大で28億円不足している」ことがわかった。突然取引所を閉鎖した背景には、ずさんな資金管理も背景にあった。

記者会見で頭を下げるMTGOXのカルプレス社長(28日午後、東京・霞が関)

記者会見で頭を下げるMTGOXのカルプレス社長(28日午後、東京・霞が関)

「(客からのお金は)適正に管理されていたと思う」。28日に都内で開いた記者会見で、代理人の弁護士は釈明した。だが同社関係者は「客の預かり金と会社の経費がきちんと区分管理されていなかった」と指摘する。

負債は総額65億円。この中には失われたビットコイン114億円は含まれていない。同社弁護士は会員のビットコイン資産について「再生計画の中で返済の条件を決める」としているが、弁済は同社が事業再建し、再び利益を上げられることが前提だ。問題を抱えたMTGOXを手助けするスポンサーが見あたらなければ、盗まれたとされるビットコインの返済は行き詰まる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]