/

この記事は会員限定です

子ども・被災者支援法、対象を行政単位に 政府見直し

[有料会員限定]

復興庁は28日、東京電力福島第1原子力発電所事故の被災者を支援する「子ども・被災者支援法」の基本方針の素案をまとめた。支援の対象地域を放射線量で区切らず、市町村や都道府県ごとに決める。支援策に応じて柔軟に対象地域を指定する狙い。自主避難者の健康調査の対象地域を福島県外にも拡充するなど健康不安の解消を急ぐ。

9月に基本方針について意見公募を実施し、今秋に閣議決定する方針。支援法は原発事故による放射...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン