/

この記事は会員限定です

国際チャーター便、規制緩和へ 個人も航空券買いやすく

国交省方針 増便促す

[有料会員限定]

国土交通省は国際航空チャーター便の運航規制を10月末にも緩和する方針を決めた。深夜・早朝に羽田空港を発着する米国(ハワイやグアム線も含む)便を対象に、航空会社による航空券のバラ売りを全面解禁する。地方空港発着のチャーター便でも個人が航空券を買いやすくする。羽田に国際定期便が就航するのを機にチャーター便も飛ばしやすくし、需要に柔軟に対応するのが狙い。

政府は6月にまとめた新成長戦略で、航空自由化の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン