2018年9月24日(月)

規制改革会議が初の公開討論会 混合診療、対象拡大を検討

2013/11/28 21:18
保存
共有
印刷
その他

 政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)は28日、公開討論会を開いた。テーマは保険診療と保険外診療を併用する混合診療。稲田朋美規制改革相が対象の拡大を要求したのに対し、厚生労働省が検討することを明らかにした。

 討論会には会議の民間委員や規制官庁の担当者が出席。現在は原則として混合診療を受けると、保険診療の部分も含めた全額が患者の自己負担になる。例外として保険診療分の自己負担が3割ですむのは、先進医療など将来の保険適用に向けた評価中の治療だ。

 稲田規制改革相は「患者数が少ないといった理由で保険が適用されないと決まっても、そのまま(例外として)認めるべきだ」と発言。厚労省は「そういうことも含めて広く検討する」と明言した。

 岡議長が「安全と効果を確かめた保険診療までなぜ自己負担になるのか」と混合診療を原則禁止にする根拠をただすと、厚労省は「保険診療でも、保険外診療と組み合わせたときの安全性や有効性をあらためて確認する必要がある」と応じた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報