/

みんな渡辺代表、謝罪で出直し 維新とは「党対党で話し合い」

みんなの党は28日の両院議員総会で、渡辺喜美代表の再選を無投票で決めた。渡辺氏は総会で「党運営の至らなさは率直に反省し、おわびする」と陳謝した。国会議員や地方議員の離党が相次ぎ、党内には渡辺氏への不満がたまっている。持ち前の強気な姿勢を封印して出直しをはかる狙いとみられ「同僚や地方議員、党員、支持者の声には謙虚に耳を傾ける」とも述べた。

大阪市の橋下徹市長が結成した「日本維新の会」との関係については「よきライバルであり、よき友でありたい」と一定の距離を置いた。記者会見では「今後どうするかは党対党で話し合う」と述べ、一時検討した合併構想は撤回して選挙協力を軸に交渉を進める意向を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン