/

首相、民団中央本部を弔問 韓国船沈没事故で献花

安倍晋三首相は28日、東京・南麻布の在日本大韓民国民団中央本部を訪れ、韓国・珍島沖での「セウォル号」沈没事故を受けて設けられた献花台に花を手向けた。犠牲者を悼み記帳もした。この後、首相官邸で記者団に「多くの方が犠牲になった。本当に心の痛む思いだ」と語った。

菅義偉官房長官、岸田文雄外相、斎木昭隆外務次官も相次いで弔問した。岸田氏は弔問後、韓国の李丙琪(イ・ビョンギ)駐日大使に「我が国としてできることがあれば何なりと申しつけてほしい」と伝達。李氏は「お見舞いの言葉は韓国民の力になっている」と応じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン