被災地での特許審査短縮 8月1日から1年間

2011/7/28付
保存
共有
印刷
その他

特許庁は28日、東日本大震災で被災した企業や個人を対象に、特許・意匠・商標の審査期間を短縮する制度を導入すると発表した。実施は8月1日から1年間。特許の場合、1次審査の結果がわかるまでの期間が現行の平均27カ月から2カ月程度に短縮される。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]