2018年2月22日(木)

農水省、被災全漁港に放射線検査機器配備を検討 まず10港に

2011/6/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 農林水産省は東日本大震災の被災地域で、水揚げを再開する全漁港を対象に、放射性物質の検査機器を配備する方向で検討に入った。夏以降に盛期を迎えるカツオやサンマ漁に備えて漁港の復旧が進んでいるが、東京電力福島第1原子力発電所の事故のため水産物の放射能汚染が懸念されている。検査の徹底で風評被害を払拭したい考え。

 宮城、岩手、青森などを対象に検査機器の設置で各自治体と調整している。当面は復旧の進んでいる1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報