/

この記事は会員限定です

番組ネット配信、不正を自動検知 官民で新システム

[有料会員限定]

総務省は放送業界などと協力し、インターネット上で不正に配信されているテレビ番組を自動的に見つけ出すシステムを構築する。指紋認証のように画像を照合する技術を活用する。8月中にもシステムを開発する企業を決め、来年初めをメドに実証実験を始める。

動画投稿サイトやファイル共有ソフトを通じ、権利者の承諾を得ないで配信されるテレビ番組が増えている。こうした不正流通は著作権法違反に当たり、年1000億円程度の経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン