/

官房長官、慰安婦証言「洗い直し不可能」

菅義偉官房長官は28日の衆院予算委員会の集中審議で、従軍慰安婦問題に関し旧日本軍の関与を認めた1993年の河野洋平官房長官の談話の検証をめぐり、談話を見直したり新たな談話を発表したりしない考えを改めて示した。「当時、元慰安婦の聞き取り調査の裏付け調査をしていなかった。証言の事実関係を洗い直すことは事実上、不可能だ」と説明した。

菅氏はその後の記者会見で政府内の検証チームによる作業を1カ月前に始めたと表明。静かな環境での議論を目指しチームのメンバー名は公表しないものの、法律専門家やマスコミ関係者など5人で構成し、うち3人は女性であることを明らかにした。6月22日までの今国会会期中に検証結果をまとめ、国会の要請があれば結果を開示する意向を重ねて示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン