/

首相、川内原発再稼働へ意欲

安倍晋三首相は28日の参院本会議で、九州電力川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県)の再稼働について「できないという後ろ向きの発想ではなく、どうすれば地元の理解を得られるかが重要だ」と述べ、意欲を示した。「万が一の事故の場合は自衛隊の車両や船舶などで住民の避難対応に総力を挙げる」と安全対策に万全を期す考えも強調した。共産党の仁比聡平氏への答弁。

同原発を巡っては、原子力規制委員会が安全審査を優先的に進めており、最も早く再稼働にこぎ着ける可能性が高まっている。首相は「原子力規制委が認めない限り再稼働しない」との方針を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン