9月の鉱工業生産指数4.0%低下 6カ月ぶりマイナス

2011/10/28付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が28日発表した9月の鉱工業生産指数(2005年=100、季節調整済み)速報値は、89.9と前月に比べ4.0%低下した。マイナスは6カ月ぶり。自動車を中心とした東日本大震災後の急回復が一服し、円高進行や世界景気後退の影響が出始めた。先行きはタイ洪水による減産も予想され、経産省は基調判断を「横ばい」に下方修正した。

9月は全業種がマイナスだった。輸送機械工業は5カ月ぶりの6.0%低下。北米向けの普通自動車などが減った。「生産計画通り」(経産省)ではあるものの、5月以降続いてきた生産回復の流れは一休みになった。

機械部品の一部で円高の影響による生産減が出始めたほか、半導体製造装置や太陽電池モジュールも欧米やアジア向けの生産が減った。

この日発表した製造工業生産予測調査によると、10月は2.3%、11月は1.8%それぞれ上昇する見込み。ただタイ洪水の影響は予測に反映されておらず、先行き不透明感もある。

7~9月の鉱工業生産指数は5四半期ぶりの上昇で、前の期に比べ4.1%増の92.2だった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]