/

尖閣沖衝突ビデオ公開「手の内みせることに」 法務省

法務省は28日午前の自民党外交部会で、国会提出した尖閣諸島沖での中国漁船との衝突事件を巡るビデオ映像が約6分間だったことについて「海上保安庁の取り締まりの手の内が一般に明らかになるのはよくない。プライバシーの問題もある」と説明した。検察庁と海保が協議し、法相の許可を得た上で国会に提出する映像を決めたとも述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン