2019年1月24日(木)

消費支出、8.5%減 過去最大の落ち込み

2011/4/28付
保存
共有
印刷
その他

総務省が28日発表した家計調査速報によると、2人以上の世帯の消費支出は29万3181円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比8.5%減少した。下落率は比較可能な1964年以来、最大の落ち込みとなった。東日本大震災後に自粛ムードが広がり、自動車などの買い控えが響いた。

総務省は基調判断を「大幅に減少した」とし、前月までの「このところ弱含んでいる」から下方修正した。

項目別に見ると、消費支出を最も押し下げたのは自動車購入など交通・通信で、14.4%減少した。大震災後の買い控えのほか、昨年9月のエコカー補助金終了の影響も出た。教養娯楽は18.7%減った。自粛ムードの広がりで、国内パック旅行費や宿泊料への支出が大きく落ち込んだ。

一方、大震災の影響で買いだめが起こり支出が伸びた品目もあった。コンロ用ガスボンベなど「他の光熱のその他」は242.2%増と急増。電池やミネラルウオーターも2倍以上の伸びを示したが、消費支出の押し上げ効果は限定的だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報