AIJ年金消失、88万人に影響の恐れ 84基金が委託
厚労省調べ

2012/2/28付
保存
共有
印刷
その他

AIJ投資顧問が入るビルにかかる同社の表札(24日午前、東京都中央区)=一部画像処理しています

AIJ投資顧問が入るビルにかかる同社の表札(24日午前、東京都中央区)=一部画像処理しています

厚生労働省は28日、AIJ投資顧問による年金資産消失問題で、2011年3月末時点で84基金が資金を委託していたと発表した。84基金の加入者は53万9000人、受給者は34万4000人。合計約88万人に今後、年金給付などの影響が出る可能性がある。84基金のうち、74基金は中小企業などがつくる厚生年金基金だった。厚労省は厚年基金の運用指針を見直し、リスク管理体制の強化を求める。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]