/

福島の復興対策費5000億円計上 3次補正に

政府は2011年度第3次補正予算案に、東京電力福島第1原子力発電所の事故で深刻な被害を受けた福島県の復興対策費として、約5000億円を計上する方針を固めた。放射性物質の除染費用や再生エネルギーの研究拠点整備費用、同県に設ける復興基金に積み増す資金などに充てる。

同県は原発事故を受け自治体が自由に使える復興基金の創設を政府に求めており、野田佳彦首相も関連経費を3次補正に盛り込む考えを表明していた。復興基金は県が設置した上で、国が3500億円程度を積み増す方向で調整している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン