2018年7月23日(月)

未来が分裂 「生活の党」代表に森裕子氏

2012/12/27付
保存
共有
印刷
その他

 日本未来の党は27日の両院議員総会で、党を2つに割ることを決めた。党名を「生活の党」とし、代表を嘉田由紀子滋賀県知事から森裕子参院議員に変更すると総務相へ届け出た。森氏ら旧「国民の生活が第一」の所属議員が党に残り、嘉田氏と社民党から合流した阿部知子氏は党を離れる。

 嘉田、森両氏らが28日に大津市内で記者会見し発表する。「未来」の名称は嘉田氏側が引き継ぐが、衆院選を受けて未来に交付予定だった政党交付金(約8億6500万円)は生活の党が受け取る見通しだ。

 未来は旧生活代表の小沢一郎氏の処遇を巡って嘉田氏側と小沢系議員が対立。衆院選惨敗を受けて小沢系議員からは「嘉田氏を担ぐ意味がなくなった」との声が出ていた。小沢氏に近かった海江田万里氏が代表に就いた民主党との連携を視野に、事実上の分裂に動いた格好だ。阿部氏は当面、無所属で活動する見通し。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報