消費税5%への上げ決定 税率先送りは無責任と決断 元首相・村山富市氏

(1/2ページ)
2012/3/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――1994年6月末の首相就任からわずか3カ月で消費税率3%から5%への引き上げを決定しました。

「就任時は若干の円高で景気が低迷していた。景気回復させるために消費を喚起しようと約5兆5千億円の先行減税を3年間やることにした。所得税は日本経済を支え、最も家計の出費が多い中間層の税率を下げた。円高調整が進めば減税分の穴埋めも必要。住民税も減税したから、消費税率を2%上げるうちの1%を地方に回すこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]