/

この記事は会員限定です

アベノミクスや原発…参院選公約で対立鮮明

[有料会員限定]

参院選公示まで1週間となった27日、各党の参院選公約が出そろった。経済政策、環太平洋経済連携協定(TPP)、原発政策、憲法改正の4大争点をめぐり対立が鮮明になっている。安倍政権を攻撃する野党側も独自色を競い合っており、公約の一部には、選挙後の安倍政権との連携をにらんだ布石とする狙いもうかがえる。

自民党は安倍晋三首相が進める経済政策「アベノミクス」を前面に押し出した。政権交代直前からの円安・株高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン