基礎年金番号、人口を123万件上回る 年金機構調査

2010/7/28付
共有
保存
印刷
その他

 日本年金機構が27日に公表した調査結果によると、有効な公的年金の基礎年金番号の数が20歳以上の推計人口を123万件も上回っていることが分かった。原因として、氏名が変わったのに気付かずに重複して番号を交付したことや死亡記録が反映されず年金番号だけが残っていることが考えられるという。今後、基礎年金番号同士の情報の突き合わせを進め、重複番号の解消を急ぐ。

 長妻昭厚生労働相直属の年金記録回復委員会(委員長・磯村元史函館大客員教授)で報告した。これまでも年金番号が重複して交付されているとの指摘は出ていたが、実際の件数が判明したのは初めて。来年度以降は住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)のデータとの照合も始め、重複解消を急ぐという。

 調査は2009年4月の基礎年金番号数と、同年10月の人口推計を1歳ごとに比較した。基礎年金番号数は20歳代前半や50歳代を中心に人口より約222万件少ないことも判明した。20歳代後半~40歳代などでは人口より約346万件多かった。

 政府は年金記録問題で、基礎年金番号に統合されず、誰のものかわからない「宙に浮いた年金記録」について、持ち主を見つける作業を進めている。ただ持ち主を示す基礎年金番号自体に信頼性がなければ「宙に浮いた年金記録の統合作業も実効性を欠く」(年金記録回復委員)との懸念も広がる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

基礎年金公的年金人口日本年金機構

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報