/

この記事は会員限定です

東電が東北電に電力融通 今夏、節電難しい被災地支援

供給力上積み見通しで

[有料会員限定]

政府の電力需給緊急対策本部は27日、東日本大震災の影響で今夏の東日本の電力が不足する問題で、東京電力から東北電力に供給力の一部を融通する方針を固めた。東電が供給力を当初計画よりも上積みできる見通しになったため、一部を東北電に振り向ける。節電が難しい被災地の負担を軽減する狙いで、融通規模など詳細は今後詰める。

政府は東電の供給上積みに伴い、大口需要家の最大使用電力の削減目標を一律15%に引き下げる方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り608文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン