/

自民、道州制と教育条例で維新に秋波

自民党は27日の道州制推進本部総会で、都道府県を廃止し10程度の道州を置く道州制基本法案の骨子を提示した。道州は外交・防衛などを除く国の事務を引き継ぎ、市町村を再編した基礎自治体とともに独自の税源を持つことなどを盛った。公明党と今国会への共同提出を目指す。

同日の教育基本条例に関するプロジェクトチームでは、同条例への見解もまとめた。不適格教員には教員免許更新時に免職も含めた厳しい対応を取ることや、教育委員会が教員を評価する際、保護者や児童・生徒らの意見を反映することなどを盛り込んだ。いずれも橋下徹大阪市長が代表を務める「大阪維新の会」が掲げる主要政策。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン