/

この記事は会員限定です

都市ガス網を広域で接続 災害時に相互融通、経産省

[有料会員限定]

経済産業省は地域ごとに分断されている都市ガス網の相互接続に乗り出す。災害時にガスを融通しやすくするため、全国で12ルート、総延長距離600キロメートルでガスパイプラインを整備する。企業がボイラーや冷暖房などで天然ガスを使うよう促して電力への依存度引き下げも狙う。経産省は規制緩和や税制優遇などの公的支援に乗り出す。

日本のガス管網は需要の密集する都市圏ごとに整備されてきたため、東京と名古屋、大阪など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン