2019年2月18日(月)

社員の発明対価に指針、額想定しやすく 政府検討

(1/2ページ)
2012/5/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が29日に決める「知的財産推進計画2012」が明らかになった。サラリーマンが仕事で発明した対価として企業が支払う額について、政府が指針をつくることを含めて検討するのが柱。企業が支払額を想定しやすくし、訴訟で予想外に高額な支払いを迫られる事態を減らす。2015年度に結論を出す。企業の技術の海外流出を防ぐ対策も12年度中にまとめる。

知財計画2012は29日の知的財産戦略本部(本部長・野田佳彦首…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報