2019年1月20日(日)

経団連会長「三木谷氏かなり誤解」 楽天の退会届受理

2011/6/27付
保存
共有
印刷
その他

経団連は27日、楽天の退会届を受理した。米倉弘昌会長は同日、都内での講演で退会を受け入れる意向を示したが、楽天の三木谷浩史社長がミニブログツイッター」に「(経団連の)電力業界を保護しようとする態度が許せない」と書き込んだことなどを巡り、「経団連はある(特定の)産業の利益を代表する団体ではない。かなり誤解がある」と反論した。

経団連は7月19日の理事会で、楽天の退会を報告する見通しだ。

三木谷氏は5月にツイッター上で経団連退会の意向を示唆した。その後、記者団に「現在の電力会社の構造を維持するのはいいことと思えない」と語り、発電部門と送電部門の分離を主張。経団連は発送電分離に慎重姿勢を示しており「政策が違えば政党を離脱するのと同じ」として、今月23日付で退会届を出した。

楽天は2004年11月、当時の経団連会長で三木谷氏と親しかった奥田碩・トヨタ自動車相談役の誘いを受けて経団連に入った。だが、いわゆる「重厚長大型」の企業が中核を占める経団連で、存在感を示すには至っていなかった。

関係者の間では「楽天にとってはお金がかかる割にメリットがない。以前からやめる時機を見計らっていたのではないか」との見方も出ている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報