財政難の51厚年基金、積み立て不足3700億円

2011/2/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財政状況が著しく悪化している51の厚生年金基金に関する厚生労働省の調査結果が明らかになった。業種・地域単位で共同運営される「総合型基金」が大半で、国から預かって運用している厚生年金部分の積み立て不足の合計額は2010年3月末時点で約3700億円。加入者1人当たり平均で106万円の穴埋めが必要になる計算だ。倒産などで母体企業が積み立て不足を穴埋めできない場合には、厚生年金の資産が毀損することになる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]