2019年2月19日(火)

前国交次官が再就職で口利き 政府の監視委、違法と認定

2013/3/27付
保存
共有
印刷
その他

国家公務員の天下りあっせんを監視する政府の再就職等監視委員会が、宿利正史前国土交通次官が元職員の財団法人への再就職を口利きしたとして国家公務員法違反と認定していたことが分かった。2012年3月の活動開始以来、同委による違法認定は初めて。太田昭宏国土交通相に再就職規制の職員への周知徹底などを求める意見を伝えた。

同委によると、11年2月、国交審議官だった宿利氏は所管する財団法人の海技振興センター理事長に同センター常務理事が近く退任するかどうかを問い合わせ、国交省の元職員が職探しをしているとの情報を理事長に伝えた。

11年3月には、社団法人の日本民営鉄道協会理事長に退任を促した。監視委はこれらの行為が国家公務員法106条に違反すると判断した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報