/

この記事は会員限定です

消費増税「与野党合意で成立を」48% 本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社とテレビ東京が25~27日に共同で実施した世論調査で、野田佳彦内閣の支持率は28%だった。4月の前回調査から1ポイント下落のほぼ横ばいで、昨年9月の内閣発足後、最低を更新した。政府提出の消費増税関連法案については「与野党が話し合って修正案を成立させるべきだ」が48%に上った。

質問は4つの選択肢で聞いた。修正協議後の成立と政府案通りの成立を合わせると57%が今国会での法案成立を容認し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン