4月の輸出額40%増 自動車関連が好調
貿易黒字7423億円 13カ月連続

2010/5/27付
保存
共有
印刷
その他

財務省が27日発表した4月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額は前年同月比40.4%増の5兆8897億円になった。増加は5カ月連続。前年は金融危機の影響で大きく落ち込んでおり、1月以降は40%台の高い伸びが続いている。アジア向けの半導体輸出がけん引役となったほか、米欧向けにも自動車が大きく伸びた。輸入額は24.2%増の5兆1474億円で、4カ月連続で増えた。

輸出額から輸入額を引いた貿易収支は7423億円の黒字になった。黒字は13カ月連続で、前年同月の約15倍に拡大した。2008年秋のリーマン・ショック後としては3番目に大きい黒字額になった。

輸出の動向を地域別にみると、アジア向けは45.3%増と6カ月連続で増えた。シンガポールや台湾向けの半導体メモリーやタイ向けの鉄鋼などが伸びた。アジアのうち、中国向けは41.4%増。自動車や液晶関連デバイスが増えた。

米国向けも34.5%増。自動車の輸出額が前年同月の約2倍になったほか、ギアボックスなど自動車部品も好調だった。一方、欧州連合(EU)向けはスペイン向けの自動車やドイツ向け半導体などが増え、19.8%増だった。欧州はギリシャ問題を抱えるほか、経済回復の足取りが鈍く、アジアと米国に比べ伸び率が低い。

財務省による貿易統計の季節調整値で足元の動向をみると、4月の輸出は前月に比べ2.3%増と2カ月連続で増えた。ただギリシャ問題などを背景に為替相場の変動が激しく、輸出の先行きは不透明な部分もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]