/

この記事は会員限定です

規制委、帰還後の被曝量軽減策議論の検討会

[有料会員限定]

原子力規制委員会は、東京電力福島第1原発事故で避難対象になった地域の避難指示の解除に向け、帰還した住民の放射線による被曝(ひばく)量の軽減策などを議論する専門家の検討会を設置する。個人線量計の配布による被曝量の厳密な測定などで、放射線の健康被害を減らすための具体策を年内にまとめる。

28日に開く規制委の定例会合で正式に決める。検討会は規制委の中村佳代子委員と外部の有識者で構成する。9月上旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン