政府、武器輸出三原則を緩和 共同開発可能に

2011/12/27付
保存
共有
印刷
その他

政府は27日午前、首相官邸で安全保障会議を開き、武器や関連技術の海外移転を原則禁じる武器輸出三原則の事実上の緩和を決めた。戦闘機などの国際共同開発・生産への参加、国連平和維持活動(PKO)など平和構築・人道目的での装備品供与を例外とする新たな基準を設定した。閣議に報告し、藤村修官房長官が同日の記者会見で談話を発表した。

談話は「平和貢献や国際協力での防衛装備品の海外移転を可能にする」と明記。国際…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]