/

この記事は会員限定です

働けない 若者の危機 ライバルは世界の同輩

第6部 提言編(4)

[有料会員限定]

「働く場所を選んではいられない」。金城麻希(25)は故郷の沖縄を離れ、3月からベトナム・ホーチミンの旅行会社で働き始めた。

日本の縮図

ベトナムで働くことを決めたのは中国留学から戻った昨年春、沖縄で見た光景がきっかけだ。観光の仕事を探したが、案内所も免税店も日本語が堪能な中国人が働き、自分が入り込む余地がないように見えた。

沖縄県は2012年秋にシンガポールや中国などアジア諸国に29歳以下の若者を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン