中国、尖閣は「核心的利益」と初めて明言
領土問題化へ圧力

2013/4/26付
保存
共有
印刷
その他

【北京=島田学】中国外務省の華春瑩副報道局長は26日の記者会見で、沖縄県の尖閣諸島について「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国の領土主権に関する問題であり、当然、中国の核心的利益に属する」と述べた。中国が尖閣諸島を、妥協の余地のない国益を意味する「核心的利益」と公式に位置付けたのは初めて。

日本政府は尖閣諸島について「日本の領土であり、領有問題は存在しない」(菅義偉官房長官)との立場を一貫して主張…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]