/

首相「デフレ脱却へ3年は集中」 国会閉幕、参院選へ

「ねじれに終止符を打たねばならない」。安倍首相が国会会期末を受けて会見(26日夕)

「ねじれに終止符を打たねばならない」。安倍首相が国会会期末を受けて会見(26日夕)

安倍晋三首相は26日夕、国会閉幕を受けて記者会見し「デフレからの脱却は歴史的な大事業だ。3年間はそこに集中していく」と表明した。7月の参院選に勝利し安定政権を築けば、衆院議員の任期切れと次の参院選が重なる3年後まで経済再生に集中する決意を示したものだ。「景気回復を全国津々浦々に至るまで実感してもらいたい。経済政策もこれからが正念場だ。とことんやり抜く」と力説した。

与野党は「7月4日公示―21日投開票」の参院選に向けた事実上の選挙戦に突入する。首相は「負けるわけにはいかない。必ず(衆参両院の)ねじれを解消しなければならない。与党で過半数を目指したい」と訴えた。

第1次安倍内閣の2007年参院選で大敗したことに触れ「毎年、私を含めころころ首相が代わり国力が大きく失われた。日本のため、ねじれに終止符を打たなければならない。その責任が私にはある」と強調した。

衆院選挙制度改革では有識者による第三者機関の国会設置を提案した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン