/

みずほ、中東で農産物輸出の合弁会社 現地ファンドと

【クウェート=久門武史】みずほフィナンシャルグループは26日、中東の政府系ファンド、ガルフ・インベストメント・コーポレーション(GIC)と、日本の食品や農産物を中東に輸出する合弁会社を設立することで合意した。出資額は100億円規模になる見通し。中東歴訪中の安倍晋三首相のクウェート訪問に合わせて、業務協力の覚書を交わした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン