/

サイバー防衛隊発足 防衛省、攻撃に24時間体制で対処

防衛省は26日、サイバー攻撃に対処する「サイバー防衛隊」を発足させた。陸海空の3自衛隊員ら約90人で構成し、24時間体制で防衛省と自衛隊のネットワーク監視にあたる。ウイルス情報の収集、分析や、サイバー攻撃の手法に関する研究も推進。米国とは共同訓練を実施し、欧州連合(EU)やオーストラリアとの情報共有も進める。

小野寺五典防衛相は同日、隊長の佐藤雅俊1等空佐らに「防衛省・自衛隊の情報システム、通信ネットワークを確実に防御することが日本の平和と安全を守るために必要不可欠だ」と訓示。佐藤氏は「(サイバー攻撃は)近い未来の脅威ではなく現実の脅威。陸海空の力を結集する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン