2018年12月10日(月)

総務省、NTT規制見直しに着手 携帯・固定セット割など

2014/2/26付
保存
共有
印刷
その他

総務省は26日、通信分野の法制度を抜本的に見直すための有識者検討会の初会合を開いた。NTTグループを縛ってきた独占規制の緩和などを議論する。携帯電話と自宅で使う固定通信のセット割引をNTTに認めることを検討する。11月をめどに見直し案をまとめ、2015年に電気通信事業法を改正する。

通信分野は機器やサービスの移り変わりが激しく数年ごとに制度の見直しが必要。電気通信事業法を前回改正した11年から3年たつため、現状に合わせて再び改正する。

焦点はNTTの独占規制の見直しだ。10年前に国内の携帯市場(PHSなど含む)で55%だったNTTドコモのシェアが13年9月に41%まで下がるなどNTTの市場支配は薄れている。一方、法律はNTTが独占していた頃のままで、現在もさまざまな制約がある。

KDDIとソフトバンクはスマートフォン(スマホ)と自宅の固定電話やインターネット回線を一括契約するとスマホの通信料が安くなるが、NTTはセット割引が認められない。特定の他社と排他的な業務提携をすることもできず、例えばドコモと自動車メーカーが提携しようとするときの障害になっている。

26日の初会合では、横並びで高止まりする携帯3社のスマホ通信料に「多様な料金メニューが必要だ」という意見も出た。現金を渡したり端末を無償で提供したりする顧客獲得を問題視する意見も多く、スマホの料金や販売手法に新たな規制がかかる可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報