/

NHK会長の従軍慰安婦発言を民・維が批判

国会で追及へ

民主党の大畠章宏幹事長は26日、NHKの籾井勝人新会長が就任記者会見で、従軍慰安婦に関し「戦時下では他国でもあった」などと発言したことについて「不適切だ。かなり偏向した発言でNHK会長としての自覚を持っていない」と指摘、国会で追及する考えを示した。

籾井氏の発言には与党幹部からも「外交問題に発展しかねない」と懸念する声があがった。日本維新の会でも、松野頼久国会議員団幹事長も「報道機関の長として踏み込んだところがある」と述べ、問題があるとの認識を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン