/

この記事は会員限定です

小規模水力発電、環境調査不要に 11年度内、政府方針

[有料会員限定]

政府は周辺環境に影響の少ない小規模な水力発電を設置する際に自然公園法などに基づく環境アセスメントを不要とする方針を固めた。設置までの手続きを簡素化することで再生可能エネルギーの柱として期待される水力発電の普及を促す。2011年度中に規制緩和を実施する。

水力発電の導入にはこれまで、設置する河川の生態系への環境調査が義務付けられていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません