首相、持論優先した靖国参拝 「年内」にこだわり

2013/12/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は就任から1年となる「年内」の靖国神社参拝にこだわった。「国のために命をささげた方々に尊崇の念を表することは当然だ」と繰り返してきた経緯があり、自らの政治基盤である保守層に配慮。参拝を見送っても中国や韓国との早期の関係改善は難しいと判断したとみられるが、同盟国の米国も慎重な対応を求めてきただけに外交への影響は避けられない。

「中国あるいは韓国の人々を傷つける考えは毛頭ない。靖国神社に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]