/

この記事は会員限定です

インドで飛行艇生産、政府検討 売り込みへ費用抑制

[有料会員限定]

【ニューデリー=飯山順】日印両政府は日本からインドへの輸出を目指している海上自衛隊の救難飛行艇「US-2」について、インドで現地生産することも含めて検討する。これまでの政府間協議で1機100億円を超える価格の高さが課題として浮上。現地生産することで費用を抑えるとともに、両国の航空機産業の協力関係を深める狙いもある。

US-2は新明和工業が生産する国産機。3メートルの波でも着水できる性能を持ち、海上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン