/

この記事は会員限定です

AIJ問題 中小の厚年基金、疑問抱かなかった背景は

[有料会員限定]

AIJ投資顧問の年金消失問題では、顧客の大半が「総合型」厚生年金基金だった。これらの厚年基金は、安定的に高利回りを確保できるというAIJの説明に疑問は抱かなかったのか。

Q 厚年基金の財政はどんな状態か。

A 全体としては悪く、595ある厚年基金の7割強にあたる445の基金が積立金不足になっている。その額は合計で約1兆5000億円にのぼる。積立金が不足している基金のほとんどは総合型とみられる。単...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン