安倍内閣、今夜発足 環境相・石原氏、少子化相・森氏

2012/12/26付
保存
共有
印刷
その他

第182特別国会が26日召集され、同日午後の衆参両院本会議の首相指名選挙で自民党の安倍晋三総裁が第96代の首相に選出される。安倍氏はただちに組閣に着手し、同日夜に自民、公明両党の連立による第2次安倍内閣が発足する。閣僚人事では、総務相に新藤義孝元経済産業副大臣、環境相兼原発担当相に石原伸晃前幹事長、防衛相に小野寺五典元外務副大臣などの起用が内定した。

「さわやかな気持ち」と心境を語る自民党の安倍総裁(26日午前、国会内)

「さわやかな気持ち」と心境を語る自民党の安倍総裁(26日午前、国会内)

閣僚人事ではこのほか、行政改革担当相に稲田朋美元副幹事長、少子化担当相に森雅子元副幹事長を起用する。国家公安委員長兼拉致担当相に内定している古屋圭司元経産副大臣には防災相と、新設する国土強靱(きょうじん)化担当相を兼務させる。沖縄・北方担当相は山本一太元参院政審会長を起用し、IT(情報技術)・科学技術担当相も兼務させる。

自民、公明両党は約3年3カ月ぶりの政権復帰となる。安倍氏は2006年9月から07年9月まで首相に在任しており、今回が2度目の就任となる。一度退陣した首相が再登板するのは吉田茂元首相以来64年ぶりで、戦後2人目。

安倍内閣は衆院選の政権公約で掲げたデフレ脱却と日本経済再生を最優先課題に取り組む。同日夜の政権発足後の初閣議で、安倍氏は12年度補正予算案と13年度予算案の編成を閣僚に指示する。ミクロ政策を練る日本経済再生本部の設置も決定。同本部を、マクロ政策をつかさどる経済財政諮問会議とともに経済政策の車の両輪にする。

安倍氏は26日午前、国会内で記者団に「国民の期待にこたえるため、今日から仕事を始めたい。政権を担った経験を生かし、安定感のある政権運営をしていきたい」と語った。

衆院本会議は26日午後1時に開会した。首相指名選挙に先立ち、正副議長選挙を実施し、議長に自民党の伊吹文明元幹事長、副議長に民主党の赤松広隆元農相を選ぶ。参院では自公両党で過半数に届かないため、1回目では首相指名に必要な過半数を得られず、決選投票を経て安倍氏が首相に指名される運びだ。

すでに固まった自民党執行部人事では、政調会長に高市早苗氏、総務会長に野田聖子氏を起用するなど党三役のうち初めて2人を女性とした。留任の石破茂幹事長を含め党三役全員が無派閥という異例の態勢だ。来年夏の参院選をにらみ、党人事では党のイメージ向上を狙う一方で、閣内は総じて経験者による安定感を重視した布陣となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]