2月の消費者物価、前年同月比1.2%低下 6年5カ月ぶり

2010/3/26付
保存
共有
印刷
その他

総務省が26日発表した2月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は変動の大きい生鮮食品を除くベースで99.2となり、前年同月比で1.2%低下した。マイナスは12カ月連続。1年間以上継続して物価が下がり続けるのは03年9月以来6年5カ月ぶりとなる。1月に比べ低下率は小さくなったが、家電から衣料品まで幅広いモノの値段が下がっており、物価の下落が続く「デフレ」が長期化しつつある。

菅直人副…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]