2018年7月18日(水)

東電、次世代電力計の普及加速 20年に全世帯
3年前倒し

2013/10/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京電力は次世代電力計(スマートメーター)の導入を加速する。全世帯への設置計画を3年前倒しして2020年に完了させ、他の電力各社より早く柔軟な料金プランを提供可能にする。米ベンチャー企業と提携し、スマートメーターで集めたデータから節電を助言する新サービスも14年7月に開始。16年春の電力小売り自由化をにらみ顧客の囲い込みを急ぐ。

 東電は来年4月からスマートメーターの設置を本格化する。今は14年度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報