米兵裁判権の一部放棄、米側に伝達 外交文書公表で判明

2011/8/26付
保存
共有
印刷
その他

日本に駐留する米兵らによる公務外の犯罪について、日本政府が1953年10月、重要な事件を除いて裁判権を行使しない方針を米政府に伝達していたことが26日、明らかになった。外務省が同日公表した日米行政協定改定交渉の資料で、関連文書が見つかった。同協定で日本側に認められた裁判権の一部放棄につながるもので、日米間の密約に当たるとの指摘も出ている。

53年に改定された行政協定では、駐留米兵による公務外の犯…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]