政府、アフリカで都市計画支援 まずケニアの経済特区

2013/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はアフリカで、インフラ整備の基本計画づくりの支援に乗り出す。まずケニアの港湾都市モンバサで経済特区の都市整備計画を立案。タンザニアや西アフリカ諸国でも交通や都市基盤の計画づくりを提案する。アフリカでは交通網や電力などのインフラ整備が経済成長の課題となっている。政府は支援を通じてインフラ需要を喚起し、日本の民間企業が投資しやすい環境を整備する。

来年度から2年間で、ケニア初の経済特区計画を立案…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]