/

TPP協議入り「考え変わらず」 日豪首脳会談で首相

【ニューヨーク=坂口幸裕】訪米中の野田佳彦首相は25日午前(日本時間同日夜)、オーストラリアのギラード首相とニューヨークの国連本部で会談した。野田首相は環太平洋経済連携協定(TPP)について「昨年11月に交渉参加に向けて関係国と協議に入ることを表明した際の自分の考えは変わっていない」と強調。ギラード首相は「自由貿易協定(FTA)、TPPについて日本と協力していきたい」と応じた。

日本とオーストラリアが今月に外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で共同文書をまとめたことを踏まえ、両国が安全保障分野での協力を強化していく方針も確認した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン